FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産のことで何かお困りのことがございましたら当ブログまでお気軽にご相談下さい。
こちらのメールフォームから


カテゴリ:スポンサー広告

3点式ユニットでは入居者様は逃げていきます!その空室解消法は?

アパート・マンションをお持ちの方はこの時期、空いた部屋を埋めるのに四苦八苦されていると思います。


特に3点式ユニットのお部屋は客付けに苦労されているのではないでしょうか?


今回は3点式ユニットのリニューアル方法をいくつかご紹介します。


 トイレと洗面台、浴槽が一つの部屋に収まった3点式ユニット。


今でこそ不人気設備の代表格として挙げられることも多いですが、出始めた当初は〝欧米風の最新スタイル″として一世を風靡しました。



特にすべての設備をできるだけコンパクトに収めることを求められる賃貸住宅において、爆発的にヒットしました。



ところがブームはあっという間に過ぎ、今ではかつての輝きはすっかりなくなってしまいました。


カビが生えやすい、床が濡れて冷たい等々、悪い所ばかりが目立ち、わざわざ好んで住もうという方はすっかりいなくなってしまいました。


3点式ユニットをリニューアルする方法はいくつかあります。


中でももっとも一般的なのは、トイレと浴室が分離されたユニットに入れ替えてしまう方法です。


3点式ユニットは入浴中に別の人がトイレを利用することができませんが、分離されたユニットであれば隣で誰かがシャワーを浴びていても、トイレを使うことができます。


しかも便座や床が濡れているなんてこともありませんので、ゆっくり快適に用を足すことができます。


ユニットを丸ごと入れ替えるため、工期は多少かかります。


また、工事中は多少騒音が出ますので、隣家にご迷惑をかけるかもしれません。


次にお勧めしたいのは、今ある浴槽の縁に仕切りを付けて、トイレのスペースを分離する方法です。


浴槽はお風呂としてよりも、シャワールーム的な使い方になります。


基本的には仕切りを取り付ける工事だけですので、工期が短くそれほど騒音で隣近所に迷惑をかけることもありません。



見た目は「いかにも後付け」という感じになりますがユニットを入れ替えるのに比べて費用も抑えられます。


以上の2つの方法は、基本的には浴室とトイレを区切るだけですので、それぞれの広さは限られています。


そこで「ゆっくり体を洗うための洗い場が欲しい」という方にお勧めしたいのは、バス・トイレ分離法です。


トイレを取り外して別のところに移設してしまおうというわけです。


トイレがなくなる分、ユニット内は広くなりますので、洗い場のスペースも十分確保できます。


ただし、最大のネックは取り外したトイレをどうするかです。


新しいトイレをどこかに作らなければならないので、その分どこかのスペースが狭くなります。


多少広めの1DK~の物件であれば、新しくトイレを作ってもある程度の居住スペースは確保できるでしょうが、狭小ワンルームだとただでさえ狭い部屋がもっと狭くなってしまいますので、あまり推奨できません。


わざわざトイレと浴室を分離しなくても、見た目の印象をアップすることで3点式ユニットのイメージを変えることもできます。


例えば壁に大型のミラーを取り付けたり、壁面や便座に木調のダイノックシートを貼れば、だいぶイメージは変わります。


こちらも簡単な工事で済むので、数時間で作業は終わりますし、費用もそんなにかかりません。


ただし「床が濡れる」「カビが生えやすい」など3点式ユニットが抱える問題の根本的な解決にはなりません。


他にも浴室用の音響機器を設置して入浴しながら音楽を聴けるようにすることもできます。


もしも3点式ユニットのアパート・マンションをお持ちで、空室が埋まらなくて因っているという方がいましたら、当社までご相談下さい。


メニューバーにある「お問い合わせフォーム」またはこちらから⇒http://landhomeblog.blog.fc2.com/blog-category-3.html





不動産のことで何かお困りのことがございましたら当ブログまでお気軽にご相談下さい。
こちらのメールフォームから


スポンサーサイト

不動産のことで・・

何かお困りの事がございましたら、当ブログまでお気軽にご相談下さい。 こちらのメールフォームから

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。