FC2ブログ

デート商法により投資用マンションを購入させられた者による、仲介業者、販売業者に対する損害賠償請求



独身男性Aは、出会い系ウェブサイトの利用登録を行い、この出会い系ウェブサイトを通じて、女性Bと知り合い、メールのやり取りをしたり、二人で食事に行ったりするようになりました。



その後、Aに対し、平成 20 年 2 月 6 日に建築された埼玉県川口市所在の区分所有建物の専有部分である不動産を、投資用マンションの販売を行っている販売業者Y社から購入するよう勧誘しました。



Aは、Bとともに販売業者Y社の事務所を訪れ、 A が代金2,360 万円で本件不動産を購入する旨の売買契約を締結し、販売業者Y社に対し手付金100 万円を支払い、同日、原告Aは販売担当者とともに銀行を訪れ、金銭消費貸借契約も締結しました。


本件売買契約の締結日以後、Bは、原告Aと会うことはなく、原告 A から送信されたメールに返信する回数が少なくなっていきました。


BはAからのメールや電話による連絡には一切応えなくなり、Aとの連絡に使っていた携帯電話の契約を解約しました。


不信を抱いたAは、大手不動産会社に本件不動産の売却の提案を依頼し、同社から査定価格 1,241 万円、マーケットプライス 1,168 万円から 1,303 万円までと算出した上で、本件不動産の売出価格を1,300 万円から 1,500 万円までとする提案を受けました。



2,360 万円の購入価格よりも約 1,000万円も低い、大手不動産会社からの提案を聞いたAは、Bらに騙されたものと考え、弁護士に相談、Aから依頼を受けた代理人弁護士は、コンサルタント業者、販売者Y社に対し、Bの勧誘により被った被害に関する各社の責任を追及し、契約の解消等を求める旨の通知を送付しました。


これに対し、コンサルタント業者、販売会社Y社は、Aの請求を拒絶する旨の意向を表明。


そこで、Aは、Bの勧誘行為は自身との交際をほのめかしながらされた詐欺的なデート商法であり、利益が出るかのような誤った収支シミュレーション表に基づく説明等が、不実告知又は不利益事実の不告知を伴うものであるなどの理由から、公序良俗に反し、不法行為に該当すると主張し、不法行為又は使用者責任に基づき、マンション購入代金相当額 2,360 万円等の合計 2,926 万円の損害賠償を求め提訴しました。



いわゆるデート商法により投資用マンションを購入させられた者が、勧誘者、その勤務先である会社や販売会社に対して損害賠償請求を行った事案です。


東京地裁平成28年3月1日判決


従業員Bが行った勧誘行為が、原告Aに対する不法行為となるか
【裁判所の判断】
以下の事実を認定

・Bが、Aに対し、本件売買契約の締結を勧誘する際、最終的な収支見込み額について約 630 万円の誤差を生じた誤った内容の収支シミュレーション表を見せていたこと。


・本件売買契約当時、本件不動産が、その代金額よりも 1,000 万円近く低い価値しか有していなかったと推認されること。

・Aが、本件不動産の購入によってBの歓心を買おうとし、Bに一定の信頼感を抱き、提供された情報を疑わなかったこと。


・Bは、Aから結婚したいとの意向を伝えられており、Aの意識、認識等を理解していたこと。


・Bは、Aの意識、認識等を理解し、これに乗じて、本件不動産の購入を勧誘し、Aの判断を誤らせるような情報提供をして本件売買契約の締結に至らせたものというべきであること。


Bは、Aの契約締結に係る意思決定に重要な影響を及ぼすと考えられる事項について誤った見込みを提供し、かつ、必ずしも代金額に見合った投資価値を有するとはいえない不動産の購入を勧誘したものであり、Aは、本件不動産の投資価値を理解した上で積極的にこれを購入したものではなく、Bに対する一定の信頼感をもとに本件売買契約を締結したものと推認される。


Bによる本件売買契約締結の勧誘行為は、本件売買契約に係るAの意思決定を誤らせたものであるから、不法行為に該当する。

と判断しました。


コンサルタント業者 ・販売業者 Y 社、販売業者代表取締役 は、それぞれ責任を負うか


コンサルタント業者の責任
【裁判所の判断】
Bは、本件ウェブサイトを通じて知り合ったA以外の男性についても、同様の勧誘行為を行っている。

Bの勧誘行為が、コンサルタント業者社の取り扱う不動産を購入させるための営業業務の一環として行われたものと推認。


コンサルタント業者は、その従業員としてBが行った不法行為につき、Aに対し、使用者責任に基づく損害賠償責任を負うと判断しました。

コンサルタント業者代表取締役の責任

【裁判所の判断】
Bを含むコンサルタント業者従業員が、顧客の意思決定を誤らせるような勧誘行為を行っていたことについて認識し得たと認めることはできない。

コンサルタント業者代表取締役に代表取締役としての任務懈怠を認めることはできない。

コンサルタント業者代表取締役に対して、会社法 429 条 1 項に基づく損害賠償責任を認めることはできない・・

と判断しました。


販売業者Y社の責任
【裁判所の判断】
・Aは、本件売買契約締結の際、その内容について販売業者Y社の担当者である宅建士から重要事項説明書等を用いた説明を受けている。


・販売業者Y社が、Bによる勧誘が違法であることにつき疑念を生ずべき事情は存在しない。


・契約内容などの通常求められる説明以上に、勧誘の際の違法行為の有無について調査し、原告にとって本件不動産に係る最終的な収支がいかなるものとなるかについて説明をすべき義務を負うものと解することはできない。


・コンサルタント業者が販売業者Y社から多額の手数料を得ていたことは、両者間の契約に基づく義務の履行であって、これが違法行為に対する対価として支払われたものであると認めるに足りる事情はない。


・手数料額が多額であることをもって、直ちに販売業者Y社の従業員がBの不法行為について認識していたものと推認することは困難である。


販売業者Y社について、不法行為責任を認めることはできないと判断しました。


販売業者Y社代表取締役の責任
【裁判所の判断】
販売業者Y社が原告に対し損害賠償責任を負わない以上、代表取締役は、販売業者Y社の代表取締役としての任務懈怠に関する責任を負わないと判断しました。


原告Aの損害額
【裁判所の判断】
・本件売買契約の代金として支出した 2,360 万円、弁護士費用として代金相当損害額の1割にあたる 236 万円は、女性B、コンサルタント業者の不法行為と相当因果関係を有する損害に当たると判断しました。


・Aが、Bの不法行為により損害を被るとともに、本件不動産を取得することによって利益を得たものであるから、その利益相当分は損害から控除すべきであるとして、代金相当額 2,360 万円から、裁判所が認定した本件不動産の価格 1,241 万円を控除した 1,119 万円を損害額とするのが相当であるとし、結局、Aは、B及びコンサルタント業者に対し、損益相殺後の損害額 1,119万円及び弁護士費用相当額 236 万円の合計 1,355 万円の損害賠償の支払を求めることができるとしました。


Aは、精神的損害に対する慰謝料ついても請求していましたが、金銭賠償により慰謝されたものと認めるのが相当であるとして、慰謝料については認められませんでした。


宅建業者とコンサルタント業者が通々であることが証明されなかったのでしょう。社会通念上は考えられませんがまあ証明できなかったので無罪放免は仕方ないですね。

可哀そうというか、自業自得といってよいのかわかりませんが女性Bの方ですね。

Aから求婚された・・等の証言からしても多分若いコだと思うのですが、ちょっとしたアルバイト感覚でデート商法に加担したばかりにコンサル業者と共同とはいえ、一千万円以上の負債を抱えることになった訳ですから・・


「A以外にも同様の勧誘行為を行っている」とのことですから今まで美味しい思いもしてきたのでしょうが、天網恢恢疎にして漏らさず・・悪事はいずれバレて、これを清算しなければならない時がやってくるのです。













不動産のことで何かお困りのことがございましたら当ブログまでお気軽にご相談下さい。
こちらのメールフォームから


 この記事の続きを読む 

スポンサーサイト



タグ :   

カテゴリ:不動産の法律

不動産コンサルティングで気を付けたい事例 立ち退き交渉

最近公認不動産コンサルティングマスターの方が増えていますが、気を付けたい事例です。


仲介会社売主から依頼を受け、本件建物から入居者を退去させることを内容とするコンサルティングを行うこととしました。


業者は交渉を重ねた結果、入居者に立退料として200万円を支払うことで、本件建物から退去する旨の合意を取り付けました。


平成23年2月2日、売主は仲介会社との間で、本件土地及び建物の売買の媒介を仲介会社に依頼する旨の専属専任媒介契約を締結し、同月10日、仲介会社の媒介により、買主との間で、代金2,150万円で本件土地及び建物の売買契約を締結し、買主から手付金200万円を受領しました。


平成23年3月6日頃、居住者とその家族は、建物から退去し、同10日、買主は、本件土地及び建物の引き渡しを受けました。


平成23年3月23日、売主の取り分975万円から本件土地及び建物の売却に要した費用を差し引く旨の説明を受け、翌日、その差額が売主の口座に送金されました。


しかし、費用の内訳を見てみると、仲介会社へのコンサルティング料203万円、担当者への謝礼金50万円が含まれていました。


これらの費用に疑問を感じた売主は、弁護士に相談をしました。


平成24年3月5日、弁護士は、仲介会社に対し、コンサルティング料等を受領する法的根拠等について説明を求めましたが、返答はありませんでした。


そこで、平成24年4月12日、売主は仲介会社が本件土地及び建物から居住者とその家族を退去させるコンサルティング業務を行い、その報酬としてコンサルティング料や謝礼金を受け取ることは、弁護士法第72条に違反するものであり、売主に対する不法行為にあたるとして、仲介会社らに対し、既に支払ったコンサルティング料等について、損害賠償を求める訴訟を提起しました。


これに対し、仲介会社は、コンサルティング料等の支払いは、合意に基づくものであり、弁護士法に違反するものではない。などとして反論しました。


裁判所は、「仲介会社が、売主との間で、本件建物から居住者Bを退去させることを内容とするコンサルティング契約をし、その後、仲介会社の代表者から指示を受けた担当者が、居住者との間で交渉を重ね、売主から立退料として200万円を受け取ることで本件建物から退去する旨の合意を取り付けることは、不動産の明け渡しという法律事件に関して法律事務を行うことにほかならない。」


また、「仲介会社が、本件のほかにも、仲介物件に賃借人がいる場合に立退交渉を行うことがあり、立退交渉が成功した場合には依頼者から「お世話料」という名目で報酬を受け取っている。」


等の事実を認定しました。


そのうえで、仲介会社による本件のコンサルティング契約及び同契約に基づく交渉等は、報酬を得る目的で、法律事件に関して法律事務を取り扱うことを業とするものであるから、強行法規である弁護士法第72条に違反すると判断しました。


さらに、裁判所は、仲介会社が取得したコンサルティング料203万円については、その全てが公序良俗に反する本件コンサルティング契約に基づく報酬というべきであり、仲介会社が売主からコンサルティング料203万円を取得したことについては、仲介会社の代表者に不法行為が成立し、仲介会社自体も会社法第350条により不法行為責任を負うと判断しました。


また、担当者が取得した謝礼金については、公序良俗に違反する本件のコンサルティング契約に基づいて行った業務に対する報酬にほかならないから、謝礼金50万円を取得したことについても、売主に対する不法行為が成立すると判断しました。


加えて、本件土地及び建物の売却に関する業務は、担当者と代表者及び会社が一体となって不法行為を行ったというべきであるから、共同不法行為が成立し、仲介会社も会社法350条により共同不法行
為責任を負うと判断しました。


なお、売主は、平成23年3月23日、担当者からコンサルティング料の説明を受けた際に異議を述べていませでしたが、裁判所は、そもそも本件のコンサルティング契約は公序良俗に違反する無効なものであるから、コンサルティング料や謝礼金の負担を了承したからといって不法行為の成立が否定されるものではないと判断しています。


裁判所は、コンサルティング料203万円、謝礼金50万円の全額を、売主の損害であると判断し共同不法行為の成立が認められるため、損害額の総額について、仲介会社と代表者、担当者が連帯して賠償責任を負うこととされました。




弁護士法第72条の趣旨

弁護士法第72条は、「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。」

と規定されており、法律が認めている場合以外に、非弁護士が法律事務の取扱い等をすることを禁止しています。



【弁護士法第 72 条の趣旨】
当事者その他の関係人の利益を守り、国民の公正かつ円滑な法律生活を維持し、法律秩序を維持確立することにあります。

弁護士法第72条の要件は、
①弁護士または弁護士法人でないものが、
②法定の除外事由もないのに、
③業として、
④報酬を得る目的で、
⑤一般の法律事件に関する法律事務の取り扱いまたは一般の法律事務の取り扱いの周旋
をすること。



業として、といえるためには、反復継続の意思が認められれば足り、具体的になされた行為の多少は問わないとされています。

また、④報酬を得る目的という主観的な要素が必要とされています。



弁護士法第72条に違反した場合には、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処するとされています。


実際に刑事裁判となった際に、どの程度の刑が科されるかは事案により異なりますが、刑事裁判にならなかったとしても、今回ご紹介したケースのように弁護士法第72条に違反する契約は、民事上、公序良俗に違反するものとして無効とされ、不法行為を構成するものと判断されることになります。



弁護士法違反にあたらないとされたケース

売主建物の売却をするために、占有者との間で立ち退き交渉をしてほしいと依頼された仲介会社の従業員が、占有者と直接交渉を行い、立退料の支払いを条件に退去する合意を取り付け、売主より預かった立退料を占有者に交付し、任意退去させることに成功したものの、その後、売主の後見人となった弁護士から、弁護士資格がないのに売主の法的紛争事案に介入し損害を負わせた等として、損害賠償を求められた事案です。


この事案で、裁判所は、仲介会社には問題解決後、本件の建物の売却依頼までつなげたいとの思惑はあったものの、退去交渉に関する報酬は担当者個人としても仲介会社としても得ておらず、退去交渉は、弁護士法第72条の「報酬を得る目的」及び「業とする」の要件の充足を認めることができない等として、結論的に請求を棄却しました。


この事案では、裁判を経て、結果的に、「報酬を得る目的」や「業とする」の要件が欠けるとして、弁護士法第72条違反にならないと判断されましたが、弁護士法違反の指摘をされ、裁判を起こされること自体がリスクともいえますので、たとえ「報酬を得る目的」や「業とする」の要件が欠けると考えられる場合であっても慎重な対応が必要といえます。










不動産のことで何かお困りのことがございましたら当ブログまでお気軽にご相談下さい。
こちらのメールフォームから


 この記事の続きを読む 

消費者契約法による取り消し

消費者契約法により、売主が不利益事実を故意に告げなかったことが原因で買主による不動産売買契約の取消しが認められた事例があります。


投資用マンションを販売した売主が、買主に対し、重要事項である物件の客観的な市場価格を提示していないこと、家賃収入が30年以上にわたり一定であるなど非現実的なシミュレーションを提示したこと、不動産価格の下落が最大10%程度にとどまるかのように記載された将来売却プランを提示したこと等を理由として、消費者契約法4条2項の不利益事実の不告知による売買契約の取消しが認められました。


また、隣接地に3階建て建物が建つ計画があることを説明しなかったことを理由として、不利益事実の不告知による不動産売買契約の取消しを認めた事例もあります。


消費者契約法の施行後、不動産業界では、賃貸部門において、更新料特約や敷引特約が消費者契約法第10条に違反し無効ではないかという点が激しく争われました。


これらの点については、いずれも平成23年に出された最高裁判決により、特約の内容が契約書に明確に記載されている場合には、原則として更新料特約や敷引特約は有効であるという結論が出ているところです。


このように消費者契約法は特に賃貸部門で大きく取り上げられてきましたが売買の事例も今後出てくると思われます。


消費者契約法第4条は、不実告知・不利益事実の不告知を理由とする契約の取消しを認めていますので、消費者契約法が売買取引に及ぼす影響は決して小さいものではありません。


消費者契約法第4条による不動産売買契約の取消しが問題となる典型的なケースは、売買物件の周辺環境や近隣関係について適正な説明がなされなかった場合です。


また、リフォームが施された不動産を消費者に売却するにあたって、事業者である売主が施したリフォーム内容について適正な説明を怠ると、消費者契約法による取消しとなる可能性が高いです。



適正な説明として何をどこまで伝えなければならないのかは一義的に決まるわけではなく、消費者が売買にあたって何を重視していたかによっても変化します。


そのため、買う方も売買契約締結前に自分が不動産を購入するにあたって重要視している事項を、売主に的確に伝える必要があります。




不動産のことで何かお困りのことがございましたら当ブログまでお気軽にご相談下さい。
こちらのメールフォームから


タグ : 

カテゴリ:不動産の法律

お隣の敷地と高低差がある場合 がけ条例

敷地ががけに面している場合には、がけの上下にかかわらず、建物ががけ崩れにより被害を受ける可能性があります。


そのため、一定の高さを超えるがけの上部または下部に建築物を建築する場合に、条例によって制限を設けているのが、

がけ条例

です。

細かいことは自治体によって異なりますが、高さ 2m を超えるがけに面した敷地に建物を建てる時に、がけの高さの 2 倍以上の距離を離して建物を建てるか、安全な擁壁を築造することが必要となる、というのがおおまかな内容です。


もし家の購入を検討しているのでしたら、周りを見渡してみてください。


お隣の土地が高いところにあったり、逆に自分が検討している家が高いところにある場合、不動産の担当者に詳しく聞いた方が良いでしょう。


建て替えの時、その高さの2倍以上建物を離さなければならなかったり、それが物理的に無理な場合、防護壁を作ったり、建物を一部RCにしないといけなかったりと最低でも数百万円単位の出費が必要となります。


現にがけ条例の説明を怠ったとして東京地裁平成 23 年 4 月 20 日判決のケースでは、裁判所が売買契約の解除も認め、宅建業者に約 1 億円の損害賠償を命じた例もあります。







不動産のことで何かお困りのことがございましたら当ブログまでお気軽にご相談下さい。
こちらのメールフォームから


タグ : 

カテゴリ:不動産の法律

不動産の目的物の範囲「えっ、これはついていないんですか?」

今ちょうど大阪地方裁判所から競売で出されているある物件の陳述を読んでいると、

「物件はオール電化にしました。これは私の所有物です」

と債務者兼所有者が述べていました。

落札した人に「これは私のですから別に支払ってください」と言うつもりなのか、はたまたビルトインIHヒーターを持ち去ろうとしているのか・・


しかしそんなことが果たして通じるのでしょうか?


競売の場合はこういったことは折り込んで落札するという事情もあり、多少なんでもあり・・というところも否めませんが、通常の売買ではどうでしょうか。


自宅用の土地建物を購入しようと庭木や庭石が配置された見事な庭があることと各部屋にそれぞれ備え付けられている建具等が気に入り、当該土地建物を買い受けることとして契約しました。 

ところが引渡しを受けた際には気に入っていた庭木や庭石が撤去されており、建具も全て持ち去られていて、売主にこれははおかしいとクレームを述べたところ、売主側は

「売却したのは土地と建物だけで、庭木や庭石、建具を売った覚えはない」

と言われ困ったというような事例がしばしば見受けられます。



売買契約における目的物の範囲

(1)不動産売買契約書の記載内容

土地・建物売買契約を締結した場合に実際に何と何を売却したかは、当事者間の契約によって定められることになります。

しかし、実際の土地建物売買契約書においては当該売買契約の目的物としては、土地と建物が挙げられているのみで、土地については当該土地の全部事項証明書の表題部に記載された事項が記載され、建物については当該建物の全部事項証明書の表題部に記載された事項が記載されています。

要するに土地建物売買契約書には、契約の目的物としては土地と建物のみが記載されており、土地と建物という不動産以外の物件を売却したことは記載されておりません。

売主はこれを根拠として売却したのは不動産である土地と建物だけであって、その他の動産類まで売却した覚えはないと主張しているのだと思われます。

(2)主物と従物の規定

しかし売主の理屈に従えば建物を売った売主は、建物に備え付けられている、畳やふすま、ガラス窓、建具、空調設備等も全て売買契約後に取り去ることができることになります。

しかしこれでは売買契約を締結した当事者の通常の意思に反する結果となります。

このために用いられているのが、主物と従物の規定(民法第87条)です。

建物の売買契約において、建物に取り付けられている畳やふすま、ガラス窓等は、物理的には建物から取り外すことが可能ですし、取りはずした物は一定の経済的な価値を有する動産です。

その意味では、それらも独立の所有権の対象となり得るものですし、民法は個々の独立した物は、それぞれ独立に処分されることを原則としています。

しかし、これらの動産類が実際に建物に取り付けられている状態では、これらの動産頬は、当該建物に附属して利用されることによって当該建物の効用がより生かされるという客観的な関係が成立していると見ることができます。


このような関係にあることから、建物が売却された場合にはこれらの動産類も同一に扱い、同じく売却されたものとすることが、当該建物の経済的な価値を最も生かすことになり、当事者の通常の意思にも沿うものと考えられます。


そこで、民法第87条は「物の所有者が、その物の常用に供するため、自己の所有に属する他の物をこれに附属させたときは、その附属させた物を従物とする。従物は主物の処分に従う。」

と定めています。

畳やふすま、ガラス窓、建具等は建物の常用に供するために、所有者が建物に附属させた物と考えられますので、これらの畳やふすま、ガラス窓、建具等は民法第87条1項にいう「従物」ということになります。

他方において、これらの従物が附属している建物を「主物」といいます。


主物の処分と従物の取扱い

(1)従物と認められるための要件

民法第87条から分かることは従物と判断されるには次の4つの要件が必要であるということです。

1.主物の「常用」に供せられるものであること。
2.主物に附属すると判断できる場所的関係にあること
3.独立した物であること
4.主物と同一の所有者の所有に属すること


・「常用」に供されるものであることが要件とされていますので、「常用」という要件からすると、主物の効用を助けるものであっても、一次的に附属される物は従物とはなり得ないことになります。

・「附属」という概念は、主物との場所的な近接性が要件とされることになります。

・「独立した物」でなければ従物とはいえません。
例えば、土地上に設置された石灯篭は土地とは独立した物ですので従物と判断されていますが(大判昭和15年4月16日)土地上の砂利等のように土地の構成部分とみられる程度に付合した物については、それは土地所有権の対象とみられるものであって、従物とはいえないことになります。

・「自己の所有に属する他の物をこれに附属させたとき」と規定されていますので、主物と従物はその所有者が同一であることが要件とされていることが分かります。

(2)主物と従物の処分

民法第87条第2項は、「従物は主物の処分に従う」と定めていますが、この意味は主物と従物は法律的な運命を共にすることを意味していると解されています。

従って建物の所有者が建物を売却すれば、当該建物に附属させられている従物もー緒に売却されたものと扱うことになります。

この処分とは売買には限られませんので、例えば主物について抵当権を設定すると抵当権の効力は、設定当時の従物にも及ぶと解されています(大判大正8年3月15日)

(3)従物の処分の対抗要件

従物の処分に対する対抗要件は、主物に対する対抗要件によって、すべて具備されているということになります。

従って、動産類である畳や建具の所有権が買主に移転したことについての対抗要件は、建物の所有権移転登記が買主に対してなされれば、動産類である畳や建具の所有権移転についても当該建物の所有権移転登記で対抗力を備えたものと解されます。



 付合物の概念

庭石は土地の構成部分と認められるほどに土地に密着して、もはや土地所有権の一部とみられるような場合には、付合物として土地の一部(土地の構成物)とされることになりますが(民法第242条)それに至らない場合は土地とは独立した物ですので土地の従物と扱われることになります。

庭木は、土地の付合物とみられることが多いと思われますが、この場合には土地の一部となりますので、買主が土地を買い受ければ土地上にある庭木も買い受けたと扱われることになります。


 現状有姿売買の合意
 
一般に現状有姿売買という言葉が不動産売買契約において用いられます。

これは瑕疵担保責任を免除するという意味ではなく、売買の際に売買目的物中に存在した物は売買の対象物とする、という売買目的物の範囲を確定する概念とされていますので、かかる合意がある場合には、売買契約締結時に存在した物は売買の対象であったということになります。

なお、現状有姿引渡しという用語もありこの場合には引渡しの際に存在した物が引渡しの対象であるという意味で用いられることがあるようです。
    






不動産のことで何かお困りのことがございましたら当ブログまでお気軽にご相談下さい。
こちらのメールフォームから


不動産のことで・・

何かお困りの事がございましたら、当ブログまでお気軽にご相談下さい。 こちらのメールフォームから

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ